ブログ記事を早く書くコツ…まずは邪気を払って「場のエネルギー」を高めよう!

どうも、ウェブライターの宇藤です!

「ブログ記事を早く書けるようになりたい!」
「短時間で集中して文章を書けるようになりたい!」

もし、あなたがそうお望みなら、まずは作業する場所や空間のエネルギーを高めることをお勧めします。

なぜかと言うと、場や空間のエネルギーが低いと、自分のエネルギーも下がってしまうからです。

実は、場所や空間にもエネルギーは存在して、そのエネルギー状態によって人のエネルギー状態も変化するんですって。

満員電車のような空気が淀んでいる空間と、荘厳な森に囲まれた格式高い神社のような空間。

どちらが清々しい気分になるかは言うまでもありませんよね?

満員電車のようなエネルギーの低い空間にずっと居ると、段々と気分が重くなって疲弊します。

逆に、神社や自然豊かなパワースポットのように、エネルギーの高い場所に居ると、それだけで気持ちが満たされるわけです。

なので、ブログを書く作業場が散らかったり空気が濁ってたりエネルギー状態が低いと、意識が散漫して、文章を書く作業に集中できないのです。

もし、あなたが文章を書く作業をするつもりが、
  • やる気が出ない
  • パソコン開くのも億劫
  • なかなか良いアイデアが浮かんでこない
  • つい動画を見たくなる
  • ついネットで下らないサイトを閲覧したくなる
などとお悩みであれば、是非ともご自分の作業場のエネルギーを高めてみてください。

それだけで、集中力が高まるはずですよ!

場のエネルギーを高めるには?

場所や空間のエネルギーを高めるのはカンタンです!

要らないものを片付けて、清潔にするだけです。

そうやって手を掛けることで、場所のエネルギーは高まります。

まずは作業場を片付けよう!

僕がコンテンツ作りのスピードを上げるためにやったことは「作業場の片付けや掃除をする」ことでした。

想像してください。

不要な物で溢れ返り、部屋にはたくさんのゴミ袋が放置され、酸っぱい臭いが漂うよう空間。

そこで文章書いてくださいって言われても、集中できるはずありませんよね?

そんなエネルギー状態の低い部屋では、仕事も作業もはかどりません。

なので、僕はまず自分の部屋や作業スペースを片付けました。
宇藤
別に僕はゴミ袋を放置したり、部屋も酸っぱい臭いはしてませんよ?
レム
そうか?散らかってるし、加齢臭が漂ってるけどな。
宇藤
・・・・・・
確かに、物が散乱していたで整理整頓し、不要な物は片っ端から捨て、片隅に置かれたアマゾンの段ボールなども全部処分しました。

元来、いい加減な性格でして、そういう雑用をつい後回しにしていたのですね。

そしたら空間の邪気を払おう!

また、一見、整理整頓されてキレイな部屋に見えても、実はエネルギーが低い場所というのも存在します。

それはどんな部屋かと言うと、

「ネガティブな思考や感情が記憶された部屋」

です。

不平不満、愚痴、文句など、ネガティブな思考や感情というのは、人間の目には見えないだけで「邪気」という形で空間に残っています。

特に、壁や床に邪気は残りやすく、そうやって溜まった邪気が場のエネルギーを下げる原因になるのです。

だから、定期的に空気を入れ替えたり、床や壁を丁寧に磨くことが必要なのですね。

僕は部屋の中で散々ネガティブな思考を繰り返していましたから、大量の邪気がこびりついているであろう壁や床も徹底的に磨きました。

住宅用洗剤と雑巾で、部屋の隅々までキレイにしたのですが、普段からあまり掃除をしていないと雑巾はあっという間に真っ黒になるもんですよ。
   

パソコン周りのカオス状態をどうにかしよう!

場のエントロピーを下げる

どうも僕のパソコン周りは、本、ノート、メモ帳、ボールペン、リップクリーム、目薬、レシート、耳掻きなどで散らかりがちです。

そんな「エントロピーが大きい状態」だと作業に集中できません。

エントロピーとは、簡単に言えば…

「どれくらい乱雑か?」
「どれくらい混沌(カオス)と化しているか?」

を示す指標のことです。

エントロピーが大きい場は、乱雑で混沌として、汚くて散らかって、統一感もなくて、とにかく「何でこうなっているんだ!?」という分からない情報だらけの部屋です。

すると、潜在意識が余計な情報処理を始めてしまい、自分の意識がよそ事に向いてしまうのです。


逆に、エントロピーが小さい部屋は、整理整頓されて、洗練され、無駄なものがありません。

「何でこうなっているんだ!?」という分からない情報が少ないため、一つのことに意識が向きやすく作業に適した空間になります。

目の前にパソコン以外のものを置かない

なので、僕は作業スペースであるパソコン周りを、とにかくスッキリさせました。

作業に関係ないものは全て片付け、自分の目の前を意識的に「パソコンのみ」にするように徹底しました。

一見すると、作業に関係ありそうな本やノートも、文章を書くときにはなるべく視界に入らないようにしています。

壁に画鋲で貼り付けていたメモ用紙も全て剥がしました。

なぜかと言うと「気が散る」からです。

気が散ってしまうのは、

「分からない情報を分かりたい!」
「納得できない情報を納得したい!」


と思ってしまうことが原因です。

たとえ、自分の意識ではパソコンの画面にクギ付けになっているつもりでも、潜在意識の領域では少しでも余計な物が置いてあると、それだけで、

「あ、あんな所にあんなものが置いてるな」
「あ、あの紙にはこんなこと書いたかしら?」

と、様々な情報をキャッチします。

潜在意識は、人が意識できる顕在意識の何千万倍もの処理能力を持っているため、情報をキャッチすると途端に、

「あれ、何であそこにアレが置いているんだっけ?」
「あれ、あの紙に書いてる事って間違っていないか?」

などと思考を巡らせるのです。

特に、自分が「分からない情報」や「納得できない情報」があると、潜在意識は「分かるまで」「納得できるまで」答えを探し続けます。

そして、それらは顕在意識の領域にたまにチラッと上がってくるのですが、その度に人は”気が散っている”のです。

何かしら作業に没頭しているときに、不意によそ事を考えていたり、別のことに気を取られたりした経験はありませんか?

そんなとき、まさに潜在意識で考えていたことが顕在意識に上ったことで、一瞬であっても”気が散っている”わけです。

気が散るとはエネルギーが散漫になることであり、作業をするための集中力が瞬間的に途切れているのです

エントロピーの大きい物に意識を奪われない

そして、気を付けるべきはエントロピーの大きい物に意識を奪われないことです。

たとえば、テレビ番組。

テレビ番組はたくさん出演者や字幕やら効果音やらワイプ画面やら、一気に色んな情報が頭に飛び込んできます。

すると、潜在意識はそれを処理するために大量のエネルギーを消費します。

そして、視聴者の興味を引くように上手く構成されているため、一度見始めたらなかなか抜け出せなくなってしまうのです。

最近のテレビ番組は視聴者を逃さないために、CMをまたぐことなく次の番組が始まるパターンが増えています。

そうやって作り手の思惑にハマってしまったら、テレビを視聴するだけでかなりのエネルギーが奪われるので注意が必要ですね。


あとは、YouTubeなどの動画サービス、FacebookやTwitterなどのSNSも、一つの表示画面内に大量の情報で溢れていてカオスです。

若者風に言うとカオスみが深いです。

そして、何気なく見始めたが最後、気付いたら次から次へと動画を見ていたり、あるいは、誰かの投稿を読んでいたり…という経験は多くの人がしているのではないでしょうか?

僕もあります。めちゃめちゃあります。

でも、実はそうやって自分の莫大なエネルギーを奪われているのです。

僕も、ほんのちょっと見るつもりが、気付いたら数時間経っていた…なんてことも日常茶飯事で、その都度「ああ、また何も生産性のないことに時間を費やした…」と自己嫌悪に陥ることが、本当に数え切れないほどありました。

なので、ブログ記事を書くぞと決めたら、そういうエントロピーが大きくエネルギーが奪われやすいものを視界に入るところに置かないことが大事です。

さいごに

以上、ブログの記事を早く書けるようになるための第一歩として、「場のエネルギーを高めるには?」という内容でお伝えしました。

もちろん、どれだけ場のエントロピーが小さくなって、エネルギーが高くなったとしても、それだけで万事が上手くいくわけはありません。

自分なりに文章スキルを高めるために、コツコツと毎日文章を書いて、情報発信をするための基礎体力を鍛えることが大事です。

ただ、そのための環境が散らかっていれば、それだけでやる気やモチベーションは高まらないはずですので、まずは不要なものを捨てて、作業する場所のエネルギーを高めることから始めてみてはいかがでしょうか?

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください