人が苦手なコミュ障だからって「自力」では大して自分を変えられない!

どうも、レム宇頭です!

僕はずっと人に大して苦手意識を持っていました。

初対面の人とも上手く話せない、いわゆるコミュ障というやつです。

対人関係が上手く築けず、親友やパートナーも長い間おらず、基本的に一人で過ごすことが当たり前で、そんな自分に劣等感を感じていました。

自信が持てずにセルフイメージも低いまんまで、そんな自分を変えたいという一心で色んなことを試しました。

だけど、何ひとつとして上手く言った試しはなく、僕は自力で自分を変えることが出来ずに悩んでいたのです。

そう、所詮、人間なんて一人の力なんて非力なもんですから、自力では大して自分を変えられないんですよ。自力では大して人生を変えられないんですよ。

だからこそ、

「他力を借りる」

ことも大事だなと僕は思っています。

コミュ障だけど人間関係の大事さは薄々感じていた

なぜ、僕が人付き合いに苦手意識を持つようになったのかというと、昔からなぜか人と関わると理不尽な目に遭うことが多かったからです。

別に酷いイジメにあったわけではないのですが、

・小学生の頃は「オカマ」と呼ばれてからかわれる
・大学時代に全く関わったことがない人に因縁をつけられる
・新卒入社した飲食店でパワハラに遭い毎日のように人格否定される
・経理事務員に仲が良かった後輩との間に確執が生まれる


などなど、なんやかんやで嫌な思いをすることが多々あり、「人間関係は面倒だな…」と思うようになったわけです。


新しい環境に置かれた時も、僕はずっと自分に自信が持てないでいたせいで、

・人に傷つけられることが怖い
・人に否定されることが怖い


という理由で、なかなか対人関係に踏み出せないでいました。

そこには、僕の心の奥底には自分に価値がないという、

「無価値感」

があったからだと思います。

自分はダメな人間で欠点や汚点だらけ。だから、そんな欠点や汚点を誰にも知られたくない。もし、知られたら人に否定されるし傷つけられるかもしれない。

それは怖い…。

だから、人と関わることで傷ついて、それで余計に無価値感を感じるぐらいなら、最初から人と関わらなければ良いんだ、と思っていたのです。


でも、やはり心の奥底には寂しさがあり、別にたくさん友人や仲間を作る必要ないけど、

「少しでも良いから心から信頼できる人と出会えたらな…」

とは思っていました。

人は苦手なんだけれども、一生孤独を感じる人生というのも何だか違う気がしていて、死んだ後に誰一人たりとも見届けてくる人がいない…なんていうのも、ちょっと寂しすぎるな〜と感じていたわけです。
   

コミュ障な自分は「凄い人」にならないといけない!?

対人関係を築く上で、

・人に傷つけられることが怖い
・人に否定されることが怖い


と思っていた僕は、

「誰もが認める成功者や凄い人間にならなければダメだ」

と、思い込んでいました。

「凄い!」
「頭良い!」
「憧れる!」
「羨ましい!」


そんな誰からも評価される人間になれば、きっと人から否定されたりすることはないはず。

それに、自分に自信が持てるようになれば対人関係に踏み出せるはず。

…そう思っていたのです。


また、自分の無価値感を埋め合わせるには、価値が物質化した「お金」をたくさん所有すれば良いのでは?と思い込んでいたこともあり、僕はお金にずっと執着していました。

やたらと「お金に執着」する人が隠し持つ意外な心理とは?


しかし、たかが小さな物流会社の経理事務員なんて、誰もが認める成功者像とは程遠いですし、お金にしたって自分の無価値感を埋め合わせるには全然足りないのです。


成功者や誰もが認める人になるために、僕は、

「とにかく、たくさんのお金を稼げるようになりたい!」

と強く望んでいました。

そして、その手段を調べていたところ、「ネットビジネス」と出会ったのです。

「自分でビジネスを始めて大金を稼げるようになるぞ!」
「成功して大きな実績を作って成功者の仲間入りを果たすぞ!」


そういう考えに至ったのですね。

しかし、実際にネットビジネスに取り組んでみたものの、稼げたのは月に数万円程度。

そこで、僕はもっと大きく稼ぎたいという欲が出始めて、同じネットビジネスでも「メルマガ」を活用した手法に切り替えました。


でも、それは「自分のお客さん(リスト)」を抱えなければならないことを意味するわけで、そうなれば嫌でも他人との距離が縮めなければなりません

人と向き合う覚悟が足りてなかった僕は、お金を稼ぎたいと思う反面、人との距離が縮むことが嫌でたまらなく、それほど真剣にビジネスに取り組めなかったのです。


それに、僕は自分の無価値感を乗り越えられずにいたせいで、

「自分みたいな人間が、誰かに何かを教える立場にない」

とも思い込んでおり、いまいちメルマガを活用してお金を稼ぐイメージすら出来ていませんでした。

ノウハウは頭に入っているんだけど、それを実践して稼ぐ仕組みを作ることに、なかなか踏ん切りがつかないのですね。


そして、ビジネスで結果を出したいんだけど、全く業が捗らない…あるいは、すぐに他の誘惑に負けてしまう…。

そんな体たらくな状態に陥っており、その度に自分で自分を責めてばかりいました。

「はあ…何て自分はダメなんだろう…」

すぐにそんな感じで自己否定し、作業に費やすべきエネルギーをネガティブな思考に注いでいて、ますます意欲をなくすという、しょうもない悪循環に陥っていたわけです。

挙げ句の果てには、「自分にはまだまだ勉強が足りないんだ」と思い始め、とにかく稼げそうな手法が見つかれば次々に情報収拾する、いわゆる「ノウハウコレクター」になっていました。

お金を稼ぎたいはずが、逆にどんどんお金がなくなっていく…。

そんな状態が2年も3年も続いてしまいました。

コミュ障だからと言って一人では自分を変えられない!

僕は、「ダメダメな自分が成功者の仲間入りを果たすには、一体どうすれば良いんだろう?」と思い悩み、

・自己啓発本
・引き寄せの法則
・スピリチュアル系のセミナー
・瞑想法の伝授
・潜在意識を書き換えるCD
・宇宙と繋がるヒーリング


などなど、自分を変えるための手段が見つければ、とにかく何にでも飛びつきました。

でも、何も変わりませんでした…。

それですら何万、何十万と無駄にしたことやら。

それでも僕は性懲りもなく「どうすれば自分を変えられるのか?」をずっと問い続けてきました。


しかし、今でこそ分かりますが、人は自力では大して自分を変えられないのです。

もちろん、世の中には本を読むだけで変わる人、セミナーやセラピーに通って変わる人、などなど色んな方がいらっしゃると思います。

でも、僕の場合、自室に引きこもって本を読んでも、ネットで有益な情報を収集しても、CD聞いても瞑想しても、大して自分を変えることが出来なかったんですよね。

じゃあ、どうすれば良いのかというと、

「他力を借りること」

だと思うのです。

コミュ障こそ他力を借りよう!

他力を借りると、本当にびっくりするぐらいに加速度的に現実が変わります。

他人の力(しかも1人とかではなく複数人の力)が働くと、思ってもみない方向に現実が展開します。

その他力とやらは、一度働くと、なかなか自分の力では止めることができないのです。

もちろん、他力によって生み出された流れに乗ることを拒否すれば、せっかく今れた流れさえ活かせずに全ておじゃんになってしまいますが。


僕の場合であれば、「NEXT DIMENSION(通称ネクディメ)」というビジネスセミナーに参加し、色んな人と関わったことによって生まれた「他力」によって、なんだかんだと変わりつつあります。

僕はこのセミナーに参加し、ある影響力の強い人の働きによって、よく分からないまま漫画「デスノート」に出てくる死神「レム」というニックネームをつけられました。

そのニックネームは他の参加者の方たちにもジワジワと認知され、いつの間にか僕は、色んな人から「レム」と呼ばれるようになったのです。

そして、そのお陰で自分でもビックリするぐらい本当にたくさんの方と繋がることが出来ています

とにかく人が苦手で、コミュ障だったのに。

で、その成り行きで、今こうして「レム宇頭」という名前でブログ運営をしているに至っているわけです。

これは全て「他力が働いた」おかげなのです。

嫌われる勇気を持って対人関係に踏み出そう!

コミュ障なのに、どうやって色んな人と関るようになったのか?…と言うと、もうこれは「勇気」と「覚悟」しかないです。

勇気と覚悟を持って、思い切って自ら積極的に対人関係に踏み出していくことです。

「コミュ障ゆえに人と関わることが怖いんです」
「なるべく人と関わりたくないんです」


と対人関係に踏み出すことに尻込みする気持ちは、僕は痛いほどよく分かります。

しかし、いつまでもそういう消極的な姿勢では、自分自身も人生の流れも何もかも変わることはありません

これだけは「勇気」や「覚悟」の問題だと思います。

もう、別に人にどう思われようと関係ないや。もう、嫌われても構わないや。もう、傷ついても否定されて何でもいいや

そのぐらいの気持ちで、多少開き直った軽いノリでもって、思い切って人と関わることが大事です。

僕もネクディメに入る前は色々と不安と葛藤でいっぱいでした。

NEXT DIMENSION ZERO-IIへの参加を「人生の岐路」にして、本気で人生を変えてやる!


でも、飛び込んでみたら意外と何とかなるものです。

今では、思い切ってこのコミュニティに属して本当に良かったなと思っています。


とは言え、僕はまだまだコミュ障です。

出会った全ての人と打ち解けているわけではありません。

相変わらず、自分から誰かに話しかけるのは苦手ですし、凄い実績を持っている人の前では萎縮して何も話せなくなります。



まあ、そこは自分のできる範囲で一歩ずつ前に進んでいけば、それで良いのではないでしょうか?

とにかく、あなたがコミュ障であることに悩み、自力で何とかしようとしているのであれば、人間関係に踏み出して他力を活かすことが大事ですよ、ということが伝われば幸いです。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください