コミュ障と人見知りと対人恐怖症の違いって何だろう?

「コミュ障」と「人見知り」と「対人恐怖症」の違いって何でしょう?

共通するのは、「人と接することに苦手意識を持っている」ことです。


それぞれの特徴や違いを頭に入れ、その上で「コミュ障や対人恐怖を乗り越えるためにはどうすべきか?」について、考えてみます。

この記事を書いてる人

宇藤大貴(ウトウ)
人と接するのことに苦手意識を持つコミュ障。対人恐怖症のような重い症状は出ないが、すぐに赤面して汗だくになる。病院の診断を受けるほどでもない、中途半端な対人恐怖を自覚。本心では人間関係を広げたいと望んでいる。


コミュ障とは何かを考える

コミュ障とは、コミュニケーション障害の略語です。

「対人関係を必要とされる場面で、他人と十分なコミュニケーションをとることができなくなるという障害」のことを差します。


これには医学的な診断名として使われる場合と、ネットスラング的に使われる場合の2つに分けられます。

医学的な診断名としてのコミュニケーション障害

生まれつき話せない、耳が聞こえないなど身体的原因。

あるいは、自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害などの原因。

また、事故や災害など精神的なショックを受けて、PTSDなど後天的原因。


それらが引き金となって、人と円滑なコミュニケーションを取ることが困難になる場合、医学的な診断名として「コミュニケーション障害」が使われます。

ネットスラングとしてのコミュ障

本人の自覚がなしに、

  • 意味不明な言動を繰り返して場の空気を壊す
  • 他人には理解できない強いこだわりを持つ
  • 会話のキャッチボールができない
  • 誰かの会話に割って入って無意味なことを言う
  • 自分の思い通りに進まないと大声を上げる
  • 無自覚な荒らし行為をして周囲の人を困惑させる

という行動を取っているなら、上記の医学的な診断名としてのコミュニケーション障害に該当する可能性が高いです。


それとは別に、ネットスラング的に「コミュ障」という言葉が使われる場合があります。

他人との接することに苦手意識を持っていたり、人とのコミュニケーションを避ける傾向が強く孤立しがちになる人。

そういう人を差して「コミュ障」と呼ぶわけです。


自分を卑下したり自虐的に使うこともあれば、他人を揶揄するときに使うこともあります。

今は、単に「コミュ障」とだけ言う場合、こちらのネットスラング的に使われることの方が多いですかね。


ネットスラング的な使われ方をする場合、こんな特徴の人が「コミュ障」だという明確な定義があるわけではありません。

なので、

  • 本当に人が嫌いでコミュニケーションなんか取る必要ないと思っている人
  • 本当は色んな人と仲良くなりたいのに自分から誰にも話し掛けられない人
  • 事務的な会話は続くけど身の上話になると会話が続かないと悩む人
  • 人目を避けることが当たり前になって常に孤立している人
  • 仲良しグループに所属してるけど誰にも本音を言えず虚しさを感じている人

などなど、色んなタイプの「コミュ障」が存在するのではないかと思います。

人見知りとは何かを考える

人見知りとは、初対面の人やそれほど親しくない人と接する際に、緊張や照れなどが原因で、上手く話ができなかったり円滑なコミュニケーションが取れない傾向が強い人のことです。

本人は自分が人見知りであり、初めて会う人と話すと緊張することを分かっています。


なので、人見知りの人は、自分から積極的に話しかけようとしない方が多いです。

ですが、コミュニケーション能力が全くないわけではありません。

二度三度と会って話を重ねるごとに、相手と親密になることは出来ます。


だから、全く友達がいないわけでも、人間関係を築けないわけでもありません。

ただ、気心の知れている仲間と話している中に、突如全く知らない誰かが加わるだけで、急に口篭ってしまうなど、それなりの苦労はあるようです。
   

対人恐怖症とは何かを考える

対人恐怖症とは、人と接するときに極度な緊張や不安から、

人に嫌われるのではないか?
相手に不快を与えているのではないか?
多くの人に変な奴と思われているのではないか?

と考えがちになり、人と交わることを避けようとする傾向がある人のことです。


状態が悪化すると、「社交不安障害」と呼ばれる不安症の一種とみなされます。

社交不安障害になると、人と接する必要のある場面において…

・動悸
・パニック
・腹痛
・下痢
・頭痛
・胃痛
・汗が出る
・声が出なくなる
・身体の震え
・手や足の震え
・嘔吐


といった身体的症状が現れ、社会生活に支障をきたすことも


そして、そういう症状が現れることで、余計に人と接することに恐怖感や嫌悪感を覚えてしまい、ますます人と関わろうとしなくなります。


なので、学校に行けない、会社に行けない、満員電車に乗れないなど、社会生活に支障をきたす症状が現れているなら、病院で治療を受けることも大事です。

中途半端な「対人恐怖」が意外と厄介

以上、コミュ障、人見知り、対人恐怖症について、ざっくりとお伝えしました。


とは言え、実際に自分を「コミュ障」だと自認する方の多くは、これらの色んな要素を含んでいるのではないでしょうか?


たとえば僕だったら、対人恐怖症のようにパニック症状が出ることはないけど、誰かと話すと緊張で顔が真っ赤になって、汗がダラダラ止まらなくなったり。

「嫌われたらどうしよう…」とか「変に思われたらどうしよう…」などと強い不安に襲われるんだけど、一応、表面上は愛想を振る舞うことは出来たり。

でも、会話が続かないため、相手と仲を深めることが出来なかったり。

Aさんとは気軽に話せるけど、苦手なBさんとは緊張して会話できなくなったり…。


僕はこのように、中途半端な対人恐怖です。

対人恐怖症まではいかないけど、人と向き合うのは怖い。


で、この中途半端な対人恐怖が、意外と厄介で面倒なのではないでしょうか?

何故なら、病院に行って相談するまでもないし、となると、と自力で克服せざるを得ないからです。


自力で克服するとなると、荒治療するかのように自ら積極的に色んな人とコミュニケーションを取って、自分の悪い点を直して成長していくしか方法はありません。

でも、そもそも人と関わることが苦手なんだから、なかなか対人関係に踏み込む勇気が持てない。

で、結果的に何年何十年とずるずるとコミュ障を続けてしまい、充実した人間関係を築けないまま孤独死するという…。

ウトウ
え〜!?そんなのイヤなんですが((((;゚Д゚)))))))
レム
なら、自己肯定感でも高めてみれば?
   

コミュ障や対人恐怖を乗り越えるには?

コミュ障にしろ、中途半端な対人恐怖にしろ、人と接することに苦手意識を持っていることに変わりありません。

そして、その根本的原因を突き詰めると、

・自分に自信がない
・自己肯定感が低い


という点に集約されるんじゃないか、と僕は思います。


僕も、自分に自信がなく、自己肯定感がずっと低い状態でした。

何かにつけて自己否定するのが癖でしたし、自分に価値がないと信じて疑わなかったです。


それは過去に味わったイヤな経験とか記憶から、「自分なんて所詮は大した人間じゃない…」というマイナスのセルフイメージを作り上げていたからです。

そして、自分はダメなとこだらけの人間で、そんなダメな部分が人前に露わになると…

相手に嫌われるんじゃないか?
相手に否定されるんじゃないか?
自分が傷つけられるんじゃないか?

と考えしまい、なるべく誰にも近付かれないように常に見えないバリアを張っているような感じでした。


そりゃあ、ガチガチの防御体制を敷いていれば、誰とも仲を深めることができません。


なので、コミュ障を乗り越えるには…

  • 自己肯定感を高める
  • マイナスのセルフイメージをプラスに変える
それが大事なんじゃないかな、と思います。


それに、コミュ障を克服するったって、まるで別人のように誰とでもペチャクチャ話せるように生まれ変わる必要はありません。

まずは、自分なりに「品上がる」ことから目指し、普段から放っているオーラを明るくすることから始めてみてはいかがでしょうか?

コミュ障を克服するより「品上がる」ことを目指そう!



では、具体的にどうすれば自己肯定感やセルフイメージを高めることができるのか?

それについては追い追い別記事で書いていこうと思います。

それでは!


<PS>
もし、「私はこうやってコミュ障を治しましたぜ!」という情報があれば、コメントもお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください