心のモヤモヤを消す方法は、自分の「使命」を見つけること!

あなたは、

  • 理由は分からないけど、何故か心がモヤモヤする。
  • 言葉にはできない、漠然とした不安がずっと付きまとう。
  • 毎日、鬱屈した気分で心が曇っている感じがする。

という悩みを抱えていませんか?


結論から述べますと、心のモヤモヤを消したいのであれば、

”自分の「使命」を見つける”

ことです。


人生が上手くいっている人は、自分の使命を自覚しています


この記事では、

  • 心のモヤモヤの正体とは?
  • なぜ「使命」が見つかると心のモヤモヤが消えるのか?

についてお伝えします。


誰でも簡単に「使命」を見つけられるためのポイントについても述べています。

是非、あなたに与えられた使命が何なのか探してみてください。

確実に生き方が変わりますよ!


心にモヤモヤがある人とない人の違いとは?

心のモヤモヤの正体とは?

単純な話、心のモヤモヤの正体は、ずばり「迷い」「葛藤」です。


将来、自分がどうなりたいのか、ビジョンを明確に描くことができず、

  • どこに向かえばいいのか分からない
  • 何を目指せばいいのか分からない

と、人生で「迷子」のような状態になっているから、心にモヤモヤが発生するわけです。


理想のビジョンが描けないまま、

「俺がやりたいことは本当にこの仕事だろうか?」
「私が一緒に居たい人は本当にこの人なんだろうか?」


と、心にモヤモヤが発生していると、たとえ仕事をしてもデートをしても、どことなく「これじゃない感」があって、心から楽しめないのです。

心にモヤモヤのない人は?

「自分はこれをやるために生まれてきた!」
「自分の命はこのために使うんだ!」


そう決意したものを持っている人。


そういう人は、自分の進むべき道が定まっているため、生き方に迷いがありません。

毎日やるべきことが明確で、目指すべき理想の未来をしっかり描けています。


だからこそ、

本当に、自分はこの道を進んで大丈夫なんだろうか…

と、いちいちモヤモヤしている場合じゃないのです。


もちろん、ときには不安になることもあるでしょう。

でも、「自分はこの道を極めるんだ!」という強い意志を持っているからこそ、壁を乗り越えようと努力することができるのです。


迷いや葛藤のために時間を粗末にするのは勿体ない!そんな暇があれば、さっさと行動を起こして前に進もう!

そんなスタンスを取れる人は、いちいち心のモヤモヤに負けたりしないのです。

心にモヤモヤばかり抱えている人は?

一方で、

僕は一体、何のために生まれてきたんだろう…。
私が本当に実現したいことって何だろう?

と悩んでばかりいる人。


そういう人は、生きる上での指針、人生の方向性、自分の進むべき道が定まっていないため、しょっちゅう迷っていて、心にモヤモヤを抱えがちです。


「この方向が合っていそうだけど大丈夫かな?」
「いや、こっちの方が良さそうだな…」


こんな感じで、自分の進む道が定まらずに、あっち行ったりこっち行ったり。


ちょっと進むものの、すぐに不安になって引き返して、同じところをグルグル回ってばかり。

で、結局スタート地点からほとんど進んでいない…と、後になって焦るという。


そんな感じで、自分の進むべきものが分かっていない状態だからこそ、常に不安やモヤモヤが生じやすくなるわけです。

魂に刻まれた「使命」が分かれば、もう迷ったりしない!

何故か毎日が不安で、心がモヤモヤしているなら、あなたの魂に与えられた使命を見つけてみませんか?


僕たち人間は、誰もが「魂」を持って生まれてきます。

その魂には、生まれてくるときに「使命」が与えられているのです。


「今世であなたは、医者としてたくさんの人の命を救いなさいね」

「あなたは教育者として、色んな人に知識や知恵を提供しなさいね」


こんな具合に、僕たちの魂には、この世界で生きていく上でのミッションが刻まれているわけです。


もちろん、魂の存在を信じるかどうかは自由です。

ただ、「そういう考えもあるんだな」と一旦受け入れ、一度「自分の使命って何だろう?」と考えてみませんか?


きっと意義が感じられるはずですよ。

あなたは自分の命を何に使いますか?

使命が分からないとどうなるの?

使命がいまいちピンと来なければ、

・人生の目的(テーマ)
・自分軸
・自分の核(コア)


と捉えてもOKです。


かくいう僕も、自分の使命なんて考えたことがありませんでした。
ウトウ
この命をこのために使い果たすぞ!
と言えるものが、全くなかったんですね。


すると、どうなると思います?


本当に無目的な生き方になって、どうでもいい無駄なことに時間を費やすだけの人生になるんです。

不安やモヤモヤから目を背けようとする

かつて僕は、小さな物流会社で経理事務の仕事をしていました。

とにかく毎日の仕事が退屈で仕方ありませんでした。


だけど、他に生活費を稼ぐ手段がないから、嫌々ながら会社に通い続ける。

そんな状態だったのです。


もちろん、現状を打破したい気持ちはありました。

ですが、僕は自分の使命、人生の目的、自分の軸や核が、まるで分からないのです。


で、とにかく言葉にできないモヤモヤをずっと感じていたわけです。

人というのは、基本的にモヤモヤした気分でいることを嫌う生き物です。


だから、不安やモヤモヤした状態から目を背けるために、現実逃避を始めるのです。

欲求を満たしたり、快楽を得ることばかり求めるように…

じゃあ、具体的にどんな具合に現実逃避をするのかというと…

「手っ取り早く欲求を満たしたり、快楽を得ることを求めるようになる」

んですね。


欲求を満たしたり、快楽を得ることで満足できれば、一時的であれ、心の中にある不安やモヤモヤを忘れられます。


どんなネガティブ思考な人間だって、四六時中、不安なことや悩んでることに考えを巡らすと、疲れ果てます。

本当は誰だってネガティブなこと考えたくないんです。


だから、手軽に味わえる快楽を得ることで、現実逃避するようになるわけです。


たとえば僕の場合、仕事が終わって家に帰ると、
  • あてもなくテレビを見る
  • ひたすらスマホを触って暇つぶしをする
  • 目的もなくネットをする
  • ダラダラとYouTubeを見る
というホント生産性のないことばかりしていました。


他にも、

・暴飲暴食する
・節操もなく性欲を満たす
・やたら寝まくる


など、人間の三大欲求を満たすことを優先的に考えるような人もいます。


そうやって快楽を得ることに時間を費やし、一時的な満足感は得られます。

しかし、言うまでもなく、その満足感は長続きしません。


だから、次から次へと欲求を満たそう、快楽を得ようと考えるのです。


そうしたところで、後になって、

はあ…何てしょうがないことのために時間をムダにしたんだろう…

と後悔するのがオチです。

時間を無駄にすることは、命を粗末にすること

時間は、僕たちの「命」そのものです。

時間を無駄にすることは、命を粗末に扱うことに他なりません。


もちろん、欲求を満たすことは大事ですから、否定するつもりはありません。

しかし、魂はそれ”だけ”を求めているのではないのです。


魂は、

「あなたの人生全体を使って、もっともっと面白いことをしたい!」

と望んでいるのです。

   

使命を見つけるためのヒント

悩み苦しんだからこそ得たものは何か?

そうは言っても、「使命なんてどうやって見つければ良いの?」と悩まれているかもしれません。

そこで、使命を見つけるためのヒントをお伝えします。


ひすいこたろうさんという作家がいます。

ひすいさんは、『3秒でハッピーになる名言セラピー』という本でデビューして以降、これまで数十冊もの本を書かれています。


歴史の本、名前に関する本、偉人伝、日本の魅力を伝える本など、その内容は多岐にわたっていますが、根底は常に「どんなものの見方をすれば、明るく生きられるか?」を主題にして書かれてきました。


どうして、そのテーマ一筋で、何十冊もの本を書き上げられたのか?

それは、ひすいさん自身、誰よりも暗くて、明るく生きられなかったからだと言います。


赤面症で、人見知りで、根暗な性格。

大学の頃は環境にほとんど馴染めず、友達もできず、4畳半の一人暮らしの部屋に帰っては、寂しさのあまりに泣いたこともあるそうです。


「どうして、こんなに寂しんだろう…」
「どうして、こんなに苦しんだろう…」



ずっと悩み苦しんできたからこそ、学生時代は「どう考えることで、心が晴れやかに生きられるのか?」を常に問い続けたのだそうです。


そして、それが現在、文章で「ものの見方」を伝えるという作家の仕事に繋がっているわけです。


ひすいさんは、著書『ものの見方検定』で、

コンプレックスや悩みこそが、自分の才能を最大限に引き出してくれるギフトだったなんて思いもしなかった

と述べています。


過去に味わった、コンプレックスやもろもろの悩み。

それを単なる「つらい経験」や「忘れたい記憶」として扱うのではなく、天から与えられたギフトだと捉えているのです。


赤面症で、人見知り、根暗な性格も、明るい未来に行くための、神様からのプレゼントだったんだ。

そういう「ものの見方」をしているのですね。

「過去のせいで…」を「過去のおかげで!」に変える

ひすいさんの本を読んで、僕も、

ウトウ
自分の忘れたい過去の経験も、きっと神様からのプレゼントなんだ!(これをパクろう…)
と気付きました。

レム
おい、心の声が漏れてるぞ。


僕は、ずっと自己肯定感が低いままでした。

対人関係が上手く築けず、なぜか人と関わると…
  • 小学生の頃は「オカマ」と呼ばれてからかわれる
  • 大学時代に全く関わったことがない人物に因縁をつけられる
  • 新卒入社した飲食店でパワハラに遭い、毎日のように人格否定される
  • 職場の仲が良かった後輩に裏切られ、確執が生まれる
など、理不尽な思いばかりしてきて、「どうしたもんか…」と悩み続けました。


「自分はダメな人間」
「僕には何の価値もない」


そんなセルフイメージを築き上げ、ずっと人生の低いステージを生きてきました。


しかし、だからこそ僕は、

「どうすれば自分を変えられるのか?」
「どうすれば幸せな生き方ができるのか?」


とずっと問い続けてきたのです。


自分を変えるために、色々なことに取り組んできました。

  • 自己啓発書や成功哲学の本を読む
  • 引き寄せの法則に関する本を読む
  • 潜在意識を変えるためのCDを聞きこむ
  • アファメーションをやってみる
  • 瞑想のためのマントラの伝授を受ける
  • ビジョンボードを作る
  • 叶えたい願望を毎日ノートに書き続ける
  • ありがとうを毎日100回言う
  • 自己啓発系のセミナーに参加する
  • 宇宙のエネルギーに繋がるセラピーを受ける


結構な額のお金を使いました。

ですが、これといって特に何にも変わりませんでした…。


それでも、僕は懲りずに、どうすればいいのか問い続けてきたわけです。


今度こそ自分を変えようと決意して参加したのは、ある経営者向けのビジネス講座でした。

ビジネスで凄い結果を出している人、人生が順調に進んでいる人と触れ、僕は、「自分らしく生きていく上ためには自己肯定感を高めることが大事なんだ!」と、身をもって実感しました。

多くの成功者に触れて、ステージの低い生き方から抜け出す方法も色々教わりました。

ウトウ
もう、自己肯定感が低いまま生きていても仕方がない!

そう一念発起したからこそ、僕はこのブログを通じて、自己肯定感を高めるための情報発信をすることにしたのです。


僕は、これまで自分に自信が持てず、人生で迷いっぱなしでした。

でも、そんな生き方をしたくて、この世に生まれてきたわけではありません。


僕の魂にも「使命」が与えられています。

果たして、その「使命」は何だろうか?


そう考えると、僕には、僕と同じように「自己肯定感が低い人を一人でも多く救う」という使命が与えられているんだ、と思うようになったのです。

そういう「ものの見方」に切り替えたのですね。


すると、過去に色々味わったつらい経験は、僕の使命に辿り着くために「必要な出来事」だったんだな、と意味付けできます。

確かに、当時は苦しくて仕方がありませんでした。

自己否定してばかりで、そんな自分を変えたいけど変われなくて、ずっと悩みっぱなしでしたから。


でも、そんな経験をしたからこそ、僕は、同じ境遇にいる人の気持ちがよく分かります。

モヤモヤしっぱなしの心にも、そっと寄り添うことができます。

そのために、あえて僕自身が、先に色んな苦しみを味わってきたのだな、と思っています。


これまで僕は、過去の理不尽な経験の”せい”で自己肯定感が低く、冴えない人生を歩んでいるんだ…と半分いじけて生きてきました。

でも、今では、あの過去の”おかげ”で自分の使命が見つかり、するべきことが定まったな、なんて思っています。


あなたも、過去に色々悩んだことがあると思います。

それによって得られた物、知識、出会った人、身についた技術などはありませんか?

それがあなたの使命を紐解くヒントになると思います。

「使命」が見つかったら、もう迷ってる場合じゃない!

実際、「これだ!」と決めたつもりの使命が、本当にそれで合ってるかどうかなんて分かりません。

ですが、使命があると仮定して生きた方が、心のモヤモヤは消えていきます。


使命が見つかったなら、「その使命を全うするぞ!」と決めて、毎日やるべきことやればいいのです。


僕も、自分の使命を見つけてからは、モヤモヤして悩むことに勿体なさを感じます。

そんなことに時間=命を削るぐらいなら、さっさとブログ記事書くなり何なり、やるべきことやってしまおう、と、どこに意識の向けるべきかを重視するようになりました


使命とは、自分の軸であり、人生の指針です。

カーナビで目的地を設定したようなものですから、後はアクセルを踏んで、音声ガイドに従って進んでいきましょう。


心にモヤモヤが発生するのは、「何をすれば良いのだろう…」と迷う暇があるからです。

いつまでもカーナビに目的地を設定せず、ちょっと進んでは引き返して…を繰り返すから、どこにも到達しないのです。


使命が見つかれば、自分が将来どうなりたのか、明確なビジョンを描けるはずです。

すると、自然と目指すべきゴールや進むべき道が現れます。


後は、その道をひたすら前に進むのみですぞ!


それでは!

2 件のコメント

  • 家康 より:

    はじめまして。

    愛知県に在住の40代の男です。
    ホームページを拝見しました。
    私も対人恐怖だし、自己肯定感は低いわ、セルフイメージは低いわで、四苦八苦しながら会社勤めをしています。
    そんな自分を変えたいと思い、ひょんなことから見つけたネクディメオンラインコースを昨年からを学んでいます。
    一人で黙々と勉強しているので、ともすると挫けそうになるのですが、似た境遇で情報発信されている方のホームページを見つけて、とても励みになります。
    これからも拝見させていただきます。
    よろしくお願いします。

    • 家康さん、はじめまして。
      コメント頂きまして、ありがとうございます!

      同じ愛知県在住なんですね。
      しかも、「NEXT DIMENSION」をオンラインで学んでおられて、
      何だか親近感があります!

      僕も自己肯定感が低いことに、ずっと悩んできました。
      変わりたいけど、なかなか変われないことにも、ずっと苦しんできました。

      いくら有益な情報を収集して、たくさん勉強しても、
      一人だとすぐに「今までの自分」に戻ってしまうんですよね。

      だからこそ「自力」でどうにかするより、
      「他力」を使うことも大事だな、と僕は思っています。

      これから僕は、
      自己肯定感を高めたい人が集い、
      お互いに情報交換しながら勇気付けし合える、
      そんなコミュニティを作っていけたらなと考えています。

      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    愛知県在住の30代後半の独身ウェブライター。このブログでは「自己肯定感を高めて”理想の未来”を手に入れる」をモットーに、明るく前向きになるための情報をお届けしています。