このブログを書いているレムの自己紹介

どうも、レムです(´ω`)/

このブログを書いているわたくしレムの自己紹介をかる〜くゆる〜くさせて頂きます。

お時間が許す限りご覧ください。

ちなみに顔は上のイラストまんまです。

それではどうぞ!

星野源や高橋一生と同じアラフォー独身

1980年9月よりこの地球にお邪魔しております。

もうすぐ40歳の独身男です。

う〜ん、何だか響きが良くありませんね。

星野源や高橋一生と同じアラフォー独身男子です。

あら、こう言うと一気に爽やかな印象になるのはなぜでしょう?

大阪の楠葉在住のフリーランサー

2020年2月に大阪の楠葉という街に越してきました。

歩いてすぐに京都府に突入します。

職業はフリーランサー

横文字にすればカッコよく聞こえますが、

単なる自由業で、主に事務仕事をしております。

たまに農作業や皿洗いなんかも。

出身は刈谷市という何もない街

愛知県の刈谷市という街に生まれました。

刈谷は住みやすい街ですが、特に何もありません。

有名な自動車部品会社や世界的に有名な電子部品会社の本社があるぐらいかな。

あと年に何万人と来訪するらしい「刈谷ハイウェイオアシス」という場所があります。

そこの温泉にはよく入りに行ったものです。

人見知りで人間関係を築くのが苦手、人の好き嫌いも激しい

人見知りが激しく、まず自分から誰かに話しかけることはしません。

人間関係を築くのも苦手な方で、できれば一人で過ごしていたいと思ってしまいます。

その割に人の好き嫌いが激しく、「この人、苦手だな」と感じる人とは一切距離を縮めようとしません。

まあ、自分でも面倒くさい性格だなとは思います。

食費だけで毎月6万!?

食べることが一番の楽しみです。

大阪に引っ越し、毎日のようにと社員食堂で食事をしています。

自炊なんか一切しておりません。

無添加で食材や調味料にもこだわった社員食堂なので、とにかくご飯が美味しい!

ちゃんと計算したことないけど、食費だけで月5、6万円の支出になるんじゃないかしら?

甘いものが好きでやめられない

甘いものが好きで、小腹が減ったらチョコやらクッキーやらを求めてしまいます。

好きなスイーツはバウムクーヘンやチーズケーキ。

…口の中の水分が奪われてパサパサになるものが好きなんでしょうか?

着痩せするのか細く見られますが、お腹はでっぷりしています。

小学生の頃はオカマと呼ばれてバカにされる

乙女座だからなのか、昔から男気がなくナヨナヨしております。

小学生の頃は同級生に「オカマ」と呼ばれてバカにされていました。

そっちのケはないですが、たまに若い男の子のお尻を触りたくなります。

初デートは高校生のときに行ったglobeのライブ

初めてデートをしたのは高校2年の頃。

当時好きだったglobeのライブコンサートを観にナゴヤドームへ行きました。

「Feel Like Dance」とか初期の頃の曲を聴くと、

あの頃の甘酸っぱい思い出が甦ったり甦らなかったり…。

小室さん元気かな。

KEIKOも元気かな。

マーク・パンサーは、まあいいや。

大学生生活は友達がおらず…見知らぬグループに因縁をつけられる

出身大学は名古屋にある私立大です。

有名フィギュア選手を何人か輩出している、知る人ぞ知る大学です。
ちなみに僕は文学部国文学科出身です。

今はもう国文学科はないですけどね。

人見知りする性格ゆえ、僕は大学で友達がほとんどできませんでした。

その上、全く面識のないグループに謎の因縁をつけられていたのです。

僕はそいつらと遭遇しないように、構内をこそこそと移動し、講義のないときは誰もいない教室で過ごすことが常でした。

ああ、何て悲しきキャンパスライフ…(つД`)ノ

結局、なぜ一度も話したことがないグループに因縁をつけられていたのか?

卒業しても全くわからず…。

正直、大学生活のことは二度と思い出したくない黒歴史です。

ブラック企業でパワハラに耐えられず半年で辞める

大学卒業後、新卒で入社したのは飲食業界の会社でした。

早朝から晩まで拘束されるも、時間外手当は一切つかず。

休みもほとんどありません。

それより辛かったのは上司からのパワハラです。

店長や副店長に毎日のよう暴言を吐かれ、悪態をつかれ、

メンタルはすぐにボロボロになりました。

「何で自分はこんな辛い思いをしてまで働かなきゃならいんだ…」

そう思った瞬間、勤務中にも関わらず涙が止まらなかったことも。

結局、環境に馴染めずにわずか半年で退職しました。

「こんなとこ、まともな人間が働く場所じゃない」という捨て台詞とともに。

自分を変えたい!そのためにセミナーやヒーリングなんかも…

自分を変えたい一心で、自己啓発書をよく読みました。

引き寄せやスピリチュアル系のセミナーに足を運んだり、

瞑想の伝授に数万円払ったり。

あ、あと宇宙エネルギーを受信する、なんちゃらヒーリングを受けたこと…。

うむ。

今となっては瞑想して、いや迷走していたなと若干の後悔をしております…(^_^;)

好きなアーティストはくるりやEGO-WRAPPIN’

強いて好きなアーティストを挙げるなら「くるり」とか「EGO-WRAPPIN’」です。

大ファンというほどではありませんが、両者とも何回かライブにも足を運びました。

くるりの好きな曲No.1は「ワールズ・エンド・スーパーノヴァ」。

エゴの好きな曲No.1は「million starlight hotel」。

ああ、またライブ行きたいな〜。

趣味はボウリングでパーフェクトを5回達成!

30歳を過ぎた頃、父親の影響もあってボウリングにはまりました。

マイボールとマイシューズを用意し、毎週のように休日は最寄りのボウリング場へ。

パーフェクトゲームも5回達成しております。

大阪に引っ越すタイミングでやめてしまいましたが。

果たして再びボウリング場に通う日々はやってくるのでしょうか?(知らんがな)

小さな会社の経理事務員として暗黒の12年を過ごす

12年もの間、僕は小さな会社の経理事務員をしていました。

ブラック企業を退職後、1年間フリーターしたのち、簿記の資格を取得して就職したのは小さな物流会社。

希望の経理事務の仕事に就くことができ、最初は単なる伝票整理さえ嬉々として取り組んでいたのを憶えています。

しかし…。

慣れというのは残酷なもので、何年もずっと変わらない仕事を繰り返していると段々とマンネリ化してきて、仕事に一切のやりがいを感じられなくなっていたのです。

収入は低い。

仕事は退屈。

変わりばえのない人間関係もつまらない。

雑用ばかりで経理のスキルが全く身につかない。

小さな会社ゆえ人手が足りず、経理とは無関係の仕事ばかり回ってくる。

とにかく不満、不満、不満の繰り返しでした。

毎日のように溜め息をつき、愚痴ばかりこぼしていたと記憶しています。

ですが、生活のためですから、嫌々ながらも働かなければなりません。

「こんな退屈な人生を、この先、何十年も続けるのだろうか?」

そう思ったとき、死んだ魚の眼のまま年老いた自分の姿が容易に想像でき、

本気でゾッとしたものです。

嫌われる勇気を読んで「ワシのことや!」と衝撃を受ける

いや、ホント。

初めて『嫌われる勇気』を読んだ時は衝撃を受けましたね。

大きなスーパーの一角にある本屋さんで立ち読みしてたんですけどね、

本に登場する青年を見て「こいつ、まんまワシやないか!」と思わず叫んでしまいました。

自分に自信が持てず、常にネガティブん思考で、他者の視線ばかり気にする自意識過剰で。

他人に嫌われたり傷つけられるのが怖くて、「どうせ自分なんて…」とブレーキをかけて対人関係に踏み出すのをためらう。

青年に共感をおぼえ、僕は迷わず本を購入しました。

ネットビジネスに挑戦も月に数万円しか稼げず

退屈な会社員を脱却したい一心で、僕はネットビジネスに興味を持ち始めました。

2015年とかそのぐらいの時期だったと思います。

最初は、

「ブログで文章を書いてお金を稼ぐ仕組みが出来上がるなんて凄い!」

としか思っていませんでした。

ですが…。

いざやってみると、文章を書き続けることって本当に大変なんだと痛感したのです。

根っからの面倒くさがりの僕には、あまり向いているようには思えませんでした。

それでも、あるブログでは50記事ほど書き、月3万から5万円ほどの収益を稼いだことも。

ところが…。

「こんな大変な思いをして、たったこれだけ?」

「もっと効率よく稼げる方法が知りたい!」


と、僕は欲をかいてしまい、なるべく楽に大金を稼げる方法を求め、ありとあらゆる情報商材を買い漁るノウハウコレクターになっていたのです。

「あなたを稼がせます」みたいな高額コンサルも数々受けました。

総額で300万円以上は費やしたんじゃないかしら?

それでも根っからのクズな僕は、作業をしようとパソコンを開くものの

「あ〜あ、ブログ書くの面倒だな」

と呟いてはYouTubeやスマホゲームばかりに時間を費やしてばかりでした。

勤務中にネットビジネスをやったことがバレて会社を辞めることに

自宅では捗らないネットビジネスも、会社で退屈な仕事をこなすより遥かにマシです。

そんな考えから、僕は勤務中に上司や周りの人の目を盗み…。

なんと、社内でこっそりとネットビジネスに取り組んでいたのです。

基本的にパソコンの前に座って作業することがほとんど。

なので、何か作業をしている振りをしつつ、マニュアルを読んだりブログ記事を書いたり。

「バレてなければ、それでいい」

と、とことん性の根が腐っていましたね。

…ですが、やはりそういう悪事は許されるものではありません。

日々の業務中に一心不乱にキーボードを打つ僕を見て不信に思った上司が、こっそりとパソコンを調べていたようで…。

ある日、上司に応接室に呼ばれて問いただされてしまいました。

さすがに会社に居づらくなってしまい、

僕は前々から机に忍ばせていた退職届を提出したのでした。

ビジネス系コミュニティに参加し多くの経営者や起業家と知り合う

30代後半で無職。

人生最大のピンチです。

僕は、

「今度こそ本気でビジネスを成功させねば」

との思いで、またもやあるビジネス系のセミナーに高額を支払うことになります。

しかし…!

これが僕の人生最大の転機となるのでした。

コミュ障な僕は、最初はなかなか誰とも打ち解けられずに苦労しました。

それでも、次第に色んな人たちと会話を交わすようになります。

ただ、周りの人たちは本当にすごい実績を持つ人ばかりでしてね。

若くしてネットビジネスで何千万円と稼いでいる人。

登録者数100万人を超えるYouTuber。

数百人というコミュニティメンバーを持つ経営者。

チームのリーダーを務めるお医者さん。

自分のサロンを持つ女性起業家などなどだったのです。

でもですね。

驚いたことに、皆すごい実績を持っているにも関わらず、それを自慢したり傲慢になっているわけではなかったのです。

それどころか、本気で世の中に貢献したい、もっと色んな人たちの役に立ちたいという、お心の良い方たちばかりだったのです。

それに引き換え僕は…。

自分のことしか考えられず、勤務中にネットビジネスをして会社を辞めるという…

ただの大馬鹿野郎ですからね(笑)

よくこんな男と仲良くなってくれたものです。

デスノートの死神「レム」と呼ばれるはめに…

そのコミュニティの中に、死神がいました。

漫画『デスノート』に出てくる死神「リューク」がいたのです。

理由は、顔がリュークに似ているから。

それで、まんま「リューク」と呼ばれている人がいたわけです。

そして、僕はその「リューク」なる人物に声や喋り方が似ていると言われ。

同じ「デスノート」に出てくる白い死神「レム」と呼ばれるはめに…。

「何で死神扱いされなあかんねん…」

という心の声は伝わることなく。

いつの間にか僕は「レム」として定着してしまうのでした。

正直、自分の声や喋り方は好きではありません。

腹から声が出ておらず、口元でぼそぼそと喋るタイプなもんで…。

有名YouTuberや人気ブロガーに囲まれて事務仕事をしています

で、今はなんだかんだで、ビジネス系コミュニティで知り合った人たちと仲間になり、大阪府枚方市の楠葉という街で一緒にビジネスをしています。

といっても、冒頭に書いたように僕は事務面でのサポートがメインですけどね。

人生に迷いっぱなしであれこれしたけど、最終的に到達したのは結局は事務仕事でした(笑)

でも、働き方は格段に変わっています。

これまでは、生活のために嫌々ながら仕事をしていました。

今は、とにかく「一緒に楽しいことをしたい!」という思いで集まっている仲間に恵まれ、毎日がとにかくめまぐるしいですし、飽きないです。

周りには、有名なYouTuberや人気ブロガー、若くしてネットビジネスで何千万円と稼いでいる人。

占い鑑定師、料理人、ライターがいるかと思えば、普通の大学生や主婦もいたり。

と、とにかくそんな環境で僕は生きています。

ということで以上で終わりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それでは(´ω`)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください